債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

交通事故慰謝料には傷害分と後遺障害分がある

交通事故の被害者は、いろいろな面で大きな損害を被ります。そのひとつに、精神的な苦痛があります。被害者は相手に対して被った損害の賠償請求をすることができ、精神的な苦痛に対して請求する賠償金が交通事故慰謝料です。

交通事故慰謝料には、傷害分と後遺障害分があります。傷害分は交通事故に遭い入院や通院治療を受けたことに対する慰謝料、後遺障害分は固定的な症状が残って生活に支障が出たり労働能力が低下して障害と認定された時に請求できる慰謝料です。障害に認定されるとその程度や内容を示す等級が決定され、慰謝料もこの等級に応じて金額が決まります。

交通事故慰謝料請求にあたり後遺障害の等級認定申請

交通事故に遭い後遺障害が残ってしまった場合は、傷害の分に加えて障害の分の交通事故慰謝料も請求することができます。後遺障害には等級という制度があります。等級制度では、残ってしまった障害の内容や程度を1から14の数字で示しています。

障害分の慰謝料の金額は、認定された障害の等級に応じて決まります。よって、障害分の交通事故慰謝料請求にあたっては等級の認定を受ける必要があります。障害の等級認定は、医師の診断書など所定の書類をそろえて自賠責保険の審査会に対して申請します。申請方法は、被害者が自分で手続きするやり方と相手側の保険会社に全て任せるやり方の2種類があります。

交通事故慰謝料を決定する後遺障害等級について弁護士に相談

交通事故弁護士は、示談交渉や損害賠償請求を被害者の味方として丁寧にサポートする弁護士です。事故に遭い後遺障害が残ってしまうと、入院・通院の分に加えて障害分の交通事故慰謝料を賠償請求できます。

障害分の慰謝料は、自賠責保険の審査会が認定する等級により金額が決まります。等級の認定申請は、被害者請求といって自分で手続きする方法もあります。交通事故弁護士は後遺障害の等級認定申請に必要な医療の知識も豊富で、申請にあたり丁寧にアドバイスをしてもらえます。また交通事故弁護士は、既に認定された障害等級についても必要に応じで不服申し立てや再申請の手続きをして被害者が受け取れる交通事故慰謝料の増額に尽力しています。

後遺障害の交通事故慰謝料をどうすればいいのか

交通事故を起こしてしまった場合、相手が怪我をしてしまうだけではなく、後遺障害が出てしまうこともあります。そのようなときに問題となってくるのが、相手への慰謝料をどのように対応したらいいのかということです。

被害者の家族の方と直接話し合う選択肢もありますが、お互い冷静に話し合えるようにするためにも、交通事故慰謝料に関する話し合いは間に弁護士に入ってもらうことも大切です。

弁護士の方であれば、慰謝料の対応に関する知識も豊富なので、慰謝料について素人だけで話し合うよりも、適切な対応へと導いてくれます。またよりスムーズな対応ができるように、実績が多い弁護士に依頼することも大切です。

後遺障害の等級は交通事故慰謝料に影響する

交通事故慰謝料を左右する条件の一つに、後遺障害等級の認定があります。認定を受ける方法には、被害者が自分自身で手続きを行う被害者請求と、加害者側の保険会社に手続きを全て任せる事前認定とがあります。

申請する際は、レントゲン撮影や医師の所見などの必要書類を用意して、自賠責保険会社もしくは損害保険料率算出機構に送ります。この時、適正な等級で認定を受けられないと、交通事故慰謝料が下がることになります。従って事前認定ではなく、交通事故に実績のある弁護士に書類作成を依頼し、被害者請求をすることが推奨されます。

後遺障害認定を受けると交通事故慰謝料が増額する

交通事故による負傷で、急性期症状が治まった後も神経症状などが残った場合、後遺障害と呼ばれます。後遺障害には定められた等級があり、交通事故慰謝料に影響します。最も低いのが14等級ですが、自覚症状の訴えに一貫性がなかった場合などは等級認定を受けられず、非該当にされてしまうことがあります。

しかし弁護士に提出書類の作成を依頼することで、等級認定を受けやすくなります。認定が下りれば慰謝料の増額が見込めますので、早めに交通事故関係に詳しい弁護士に依頼すると良いです。現在、多くの弁護士事務所が無料相談を行っています。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料相談の関連記事

債務整理、過払い請求、個人再生を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、個人再生、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。