債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

離婚相談で多い夫の暴力から逃れるには

江戸時代の夫婦は女性から離縁を申し込むことはできず、夫の暴力などから逃げるために駆け込んだのが縁切り寺、通称駆け込み寺でした。現代では女性から離婚を申し出ることはもちろんできますが、離婚相談の主な原因には夫の暴力があり、同居に恐怖を感じたり親元や友人の家にかくまってもらうことができない場合、避難する場所としてDVシェルターを利用することになります。

各自治体が管轄している公的なもの、有志による民間運営のものがありますが、これらは現代の駆け込み寺と呼べるもので、すでに入居している同じ境遇の方や法律に明るい方のアドバイスを受けることもできます。

離婚相談の中で重要となる親権

法律の専門家のところに来る人の中には、離婚相談をして欲しいという人が少なくありません。離婚相談に来る人の多くは、離婚を望まない相手とどうすれば離婚できるかだけではなく、できるだけ自分に有利な形で離婚するにはどうすれば良いかを相談したいと考えるのですが、中でも親権について気になると言う人がやはり多いようです。

配偶者との関係が破たんしていても、二人の間に生まれた子供に対しては双方が愛情を抱いており、どちらも子供と別れたくないために親権を争う場合が多いのです。ただこの場合には、親の気持ちだけではなく子ども自身の幸せを考えることが肝心なのは言うまでもありません。

離婚相談にかかる費用

弁護士が相手に交渉するなどというアクションは起こしていなくても、離婚相談に費用がかかる場合もあります。離婚相談にかかる費用については、時間で決められている事もあります。離婚相談にかかる費用は、30分単位でいくらとなっていたりする事もある様です。

また、離婚相談では、いきなり費用が発生する事もありますし、また最初の30分だけは無料などとしている場合もあります。離婚相談にかかる費用については、相談を開始するまでの時点で理解しておく様にしましょう。

他にも着手金などが必要になる場合もあるかと思われます。そして、法律事務所によっても異なりますので、その都度確認する様にしたいですね。

増加する熟年離婚の相談

長く付き添った夫婦が離婚するというケースは増えている様で、その様な相談が寄せられる事もたびたびあります。熟年離婚の相談では、子供がいても自立している場合には養育費などは不要の場合があります。

また一方で熟年離婚は老後の年金について相談する人もいます。そして、定年後の生活を財政的に支えていかないといけません。しかし、結婚期間が長い場合には、二人の財産をどの様に分割するか問題になる事もあります。

結婚して間もない夫婦とは違う問題が熟年離婚では発生する事もあり、財産は大きくなる事もありますので、揉めない様に法的機関に相談するなどしたいですね。

熟年離婚に向けて、相談できる機関を見つける所から開始したいですね。

離婚相談を弁護士に頼む理由とは

離婚を円満に行う為にも、離婚相談を受け付けている弁護士は必要不可欠になります。

まずは離婚を決意させた理由を理解させるために動き、相手を納得させるようにすれば、離婚調停をしなくても済むようになります。

また離婚の際には親権や財産分与と言った問題も付きまとってきます。それをすべて円満にさせる為にも離婚弁護士の相談を必要として、すべて書面にて正式に行うようにするのです。後になってからのトラブルにならないようにする為であって、正式な書面になれば、裁判になった時にも有利となり大変助かるのです。

離婚をする時には必ず離婚相談を弁護士に頼むようにするべきです。

離婚相談の関連記事

債務整理、過払い請求、個人再生を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、個人再生、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。