債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

法律事務所の弁護士が行う離婚セミナーについて

一昔前、「成田離婚」なるものが話題になったことがあります。「結婚式を挙げ、これから新婚旅行に出発する」という矢先、成田空港から飛行機に搭乗することもなく離婚をしてしまうという社会現象が起きました。ワイドショウなどが、成田で離婚をしてしまうカップルに「これから、どうするのですか」と質問をすると「まだ、何も決めていません」と一様に答えが返ってきていました。

結婚生活を終わりにしたい、離婚したいとの想いが頭から離れず離婚後の生活の目処も立っていないままに離婚をしてしまうと予期せぬ事態に陥ってしまうことがあります。お金のことで損をしない離婚、離婚を切り出す前に準備をしておくこと、夫から突然離婚したいと言われた際の対処の方法、子供の親権と子供の養育費用についてなど千葉県の法律事務所の弁護士が離婚セミナーで詳しくお話をします。

離婚協議を始める前に準備しておくこと、夫との話し合いや手続きの方法、離婚が成立するための条件、財産分与・慰謝料などのお金のことを弁護士が分かり易く丁寧に解説をします。これからのことを何も考えずに離婚をすることは得策とはいえません。離婚を考える全ての方が離婚後幸せを手にできるよう千葉の弁護士がお手伝いをします。

法律事務所の弁護士の年収はどれくらい?

千葉にも多くの法律事務所はありますが、そこに勤めている弁護士の年収はどれくらいなのでしょうか。 厚生労働省が調べたところによると、平成27年の平均月収は82万円であり、それを年に換算すると1,100万円弱となります。 時給にすると、4,600円強です。

資格別のランキングでは、医師に次いで2位となっており、これまでもだいたい1,000万円台をキープしていました。 ただし、今後もその状況を維持できるとは限りません。 それは、以下のような理由によります。

一つ目は、「有資格者の増加」。 司法制度改革に伴って、弁護士の数は大きく増加しました。 それにより、食べていけなくなる人も出て来ます。

二つ目は、「業界自体の衰退」。 この業界は成熟期に達しているので、今後はマーケットの伸びも鈍くなります。

三つ目は、「隣接士業の職域拡大」。 最近は、社労士や司法書士など他の士業であっても、一定の範囲内で裁判などを行えるようになっています。 つまり、その分ニーズが減ることになります。 このように、あまりよい状況ではありませんが、こういった中で皆が勝ち残ろうとすると競争原理が機能し、新たなサービスなどが生まれたりもします。 それにより、今よりも多くの収入が得られる可能性もあるといえます。

法律事務所の弁護士の公休はどれくらい?

法律事務所に勤めている弁護士の公休は、一般企業と同様に、土日が多い傾向にあります。ただし事務所によっては、土日にも出勤して仕事をするケースがあります。それは相談者の都合に合わせて、事務所を開けるためです。弁護士は基本的に裁判所が開いている時間帯に仕事をしますが、月曜日から金曜日まで仕事をしている多くの一般人にとっては、土日の方が時間を取りやすいからです。

こうしたことから、事務所を開ける日は、各事務所の判断に任せられています。ゴールデンウイークをはじめとして、お盆休みや年末年始の休暇などは、一般企業と同じか、あるいは多少短めです。勤務時間については、50時間から60時間未満の場合が約23%と、最も多くなっています。週の労働時間が40時間未満というケースは、あまりありません。

裁判所の受付は平日9時から17時ですが、調査によると多くの弁護士が8時から10時に出社し、18時以降に帰宅しています。特に人口の多い千葉県では、通常のサラリーマンより長い労働時間になっています。掛け持ちで複数の案件を扱っている場合は、相談者との面談や打ち合わせ、書類作成などに時間を取られ、それに伴って労働時間も長くなります。

法律事務所によっては出張相談も可能

なかなか相談できる地域にいない、住んでいる場所に法律事務所がないところでは、出張相談を受け付けています。大手の事務所が多く担当していて、無料で相談できる仕組みを作っています。なかなか話ができない法律のことや、困っていることのアドバイスを送ってくれます。

大阪でも山間部を中心に、こうした出張相談が行われています。高齢の方が利用する傾向にあり、困っていることを伝えて、場合によっては手続きを進めてもらうこともできます。この無料相談によって、多くの方が救われていて、近年は月1程度で行えるような体制を作っています。

なんでもできる法律事務所はいい?

よくインターネットや大阪など東京など大きな都市では電車の広告などで「なんでも相談ください」「どのような案件でも対応します」とうたっている法律事務所をよく見かけます。一見「なんでも引き受けてくれるの?すごい!」と感じてしまいがちですが、そこに依頼する前によく考えてください。

「なんでもできる」ということは「何かに特化しているわけではない」ということです。借金系の悩み相談はいかに金融関係に強いかが交渉のカギになってきます。相談内容によっては、他の知識は薄くても、自分が相談したい内容に強い所を選んだ方がより自分の希望に沿った結果を得ることができる可能性が高いです。

弁護士法人リーガルプラス http://legalplus.jp/ 千葉、茨城に事務所があります。

弁護士法人みお綜合法律事務所 https://www.miolaw.jp/ 大阪、京都、神戸に事務所があります。

弁護士・法律事務所の関連記事

債務整理、過払い請求、個人再生を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、個人再生、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。