債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

司法書士選びの前に

ホームページを見ると会社の中に在籍している司法書士の顔写真が掲載されていたり、また、簡単な自己紹介や経歴について紹介している事もあります。この情報に目を通して、参考にしている人は多いのではないでしょうか。

また、どこの学校を卒業して、どのくらいのキャリアがある人で、これまでにどんな問題を多く取り扱ってきたのかという事も分かるといいですね。

この人にお願いしたいという人がいれば、会社の中でその人を指名するのもいいかもしれませんね。

直接、会った事がない人であっても、これほどまでに司法書士の事を把握する事ができれば、不安を取り除く事もできるのではないかと思います。

司法書士に依頼する時の会社設立の手数料について

会社を設立するには登記が必要です。会社は会社設立の登記が受理された日が創立記念日となります。

では、どのように登記を申請すればよいのでしょうか?

登記は本人申請が原則ですが、代理人によって申請することも可能です。報酬を貰って登記の代理人になれるのは司法書士であります。

本人申請で会社設立の登記を申請すると、費用は安く約24~25万ほどでできます。
そのかわりに、自分自身で手続きを勉強して、自分自身で登記の申請書を作ったり添付情報を集めたりと大変です。

他方、司法書士に依頼すると、手数料は40万円くらいです。会社設立前というのは、いろいろ多忙です。よって、専門家に依頼する方がよいでしょう。

自己破産で大事な司法書士選び

やはり司法書士に依頼して自己破産を進めるのであれば、自分にとって大切なパートナーとなる事が予想されます。相談を開始してから、自己破産を無事に終えて新しい生活をスタートできる様になるまで司法書士と付き合う事になります。

その様に考えると、自己破産において司法書士選びはとても大事だと思われます。司法書士も人ですので、自己破産など借金関連の問題が得意な人もいれば、あまり扱っていないという人もおり、得意分野は違います。

自己破産を行う際の司法書士選びのコツとしては、その人の専門性を見極めるという事も考えられるでしょう。専門性については、ホームページなどを確認すると把握できる場合もあるでしょう。

起業を行う司法書士

勤務経験がなくたって、司法書士の資格を取得していると独立や起業を行う事ができます。業務の執行などに非常に苦労するとは思いますが。本当に自分が司法書士として独立して仕事を行っているという事を宣伝しないといけません。

宣伝するための方法はいろいろ考えられます。
まずは、司法書士の仕事を行っている人から仕事を紹介してもらうという方法が考えられます。そのためには司法書士の知り合いが多い方がいいでしょう。

そして、顧客に直接宣伝を行うという方法もあります。その方法としてホームページ作成を行ったり、広告を出したりするなどと言った方法が考えられます。また、顧客に別の顧客を紹介してもらうという事もあるようです。

少しずつ活躍する場を広げて行きたいですね。

最短で司法書士になるためには?

これから司法書士になりたいと考えている方が結構いるかと思われます。ただ、合格率が3%でかなり難易度が高い資格であることを認識しておくことが必要です。最短で合格するためにはスクールで対策を講じることをおすすめします。

行政書士であれば独学でも1年で合格できますが、司法書士は独学だと何年もかかってしまうケースが非常に多い現実があります。したがって、最短で合格したいのであればスクールで学ぶ以外の選択肢はナンセンスです。費用は数十万円かかってしまいますが、効率よく学習を進めるためなので、仕方ない出費です。

司法書士に相談することとは

司法書士という職業が具体的になにをしているのかよくわからないという人も多いかと思います。司法書士という職種の人にお世話になる場面というのは主に土地や建物を購入した際か借金苦に陥った場合かと思われます。

前者の場合では、土地・建物の権利を元の所有者から購入した新しい所有者へと所有権を移す必要性があります。この所有権を移す作業を行ってくれるというわけです。後者の借金苦に陥った場合ですが、それは彼らが自己破産の手続きを行ってくれるからです。自己破産というのは財産没収の可能性を抱えてはいますが裁判所により借金をなくしてもらえる措置のことです。大阪など多くの土地に事務所が存在するのでいつでも相談できます。

司法書士のできる範囲について

司法書士の基本的な仕事は法律に関する、書類の作成業務になります。近年、弁護士よりも費用が安いことから借金の相談が増えていますが、対応できる範囲に限界があります。債務整理は金額140万円までしか対応することができませんので、自己破産の対応はできないかも知れません。

又、弁護士と違って代理人になる事はできませんので、対応できる範囲は限られています。しかしながら、相談や書類作成などは仕事の範囲になりますので、頼っても大丈夫です。大阪を始めとする都道府県には、借金の相談窓口がありますので、初めから法律事務所に、勇気がなくて行けない人にはおすすめです。

司法書士の仕事について

企業や個人などからの依頼によって、法律を遵守した書類の作成業務や、法律上での手続きを依頼者に変わって代行していく仕事となります。司法書士になるには国家資格が必要となり、資格取得は難関とも言われ多くの時間を要します。

しかしながら、合格すれば法律のプロフェッショナルとして、活躍する事が可能となります。大阪や東京などに事務所がありますので、債務整理などで困った際には一度相談してみる事が大切です。自己破産などの裁判所を通す煩雑な手続きをサポートして下さいますが、弁護士とは異なりできる範囲が限られていますが安い費用で依頼を受けて下さいますので、相談してみてもいいかも知れません。

司法書士と相続相談の関連記事